スポンサードリンク

2011年11月02日

キム・ハヌル「チャン・グンソク or ユ・スンホ、海に落ちるなら?...

キム・ハヌル「チャン・グンソク or ユ・スンホ、海に落ちるなら?...

優キム・ハヌルが「国民の弟」ユ・スンホと「アジアのプリンス」チャン・グンソクは比較不可能だと語った。

2日午後ソウルロッテシネマ建大店で開かれた映画『きみはペット』の言論試写会には主演俳優キム・ハヌルとチャン・グンソク、演出者キム・ビョンゴン監督が参加した。同盟の日本漫画を映画化したロマンティックコメディー『きみはペット』でキム・ハヌルは能力と容姿どちらも備えたゴールドミスだが、恋愛は全くダメな“ウニ”役を演じた。パートナーチャン・グンソクは愛嬌たっぷりで忠誠心のあるペット男“イノ”役を演じた。

チャン・グンソクが『ロコクィーン』と言われることに対してキム・ハヌルは「たくさんのジャンルの中でもロマンティックコメディーを演じるとき最も私らしいと思う。楽しく撮影できた。映画を見てもっとオーバーに笑わせなければならなかったかと残念さも残った」と語った。実際映画の中の設定のような提案を受けたらという質問に「映画の撮影中にはチウニがとても羨ましかったが、仕方なくキム・ハヌルに戻ってきた」と語った。キム・ハヌルは「個人的には私が出演したロマンティックコメディーの中で一番良く表現できたようだ」と満足感を表した。

キム・ハヌルは『ブラインド』のユ・スンホと『きみはペット』のチャン・グンソクの中で誰を選ぶかという質問に「比較できない。ユ・スンホとはメロシーンがなかったし、チャン・グンソクとは撮影するのがとても楽しかった。選択できない」と遠まわしに語った。これにチャン・グンソクが「海に僕たち二人が落ちたらひとつしかない救命道具を誰に投げるかという質問にユ・スンホを選択して「スンホはこれからの人生が長いから」と理由を述べた。



つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、Innolife.netに帰属します。)

チャングンソク写真集


posted by D・D at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | チャン・グンソク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KARAパク・ギュリ、冬を控えて“マリンガール”に変身

KARAパク・ギュリ、冬を控えて“マリンガール”に変身

KARAのパク・ギュリが寒い冬を控え、涼しそうな‘マリンガール’で魅力を発散した。

パク・ギュリは2日、ツイッターに「ふと今年の夏に日本ディズニーに遊びに…ではなく、撮影に行ったことを思い出して!また行きたい」というコメントとともに写真を載せた。

パク・ギュリはストライプのTシャツを着て‘マリンガール’になった。頭にはミッキーマウスの耳を思わせるヘアバンドをしている。それでも‘女神’の容貌は変わらなかった。

ネットユーザーは「一緒に遊びに行く人を探しているの?」「日本でも十分に通用する容貌」などとコメントしている。

KARAは最近、日本で5枚目のシングル「ウィンターマジック」のプロモーション活動を終えた。パク・ギュリだけが日本に残り、ミュージカル「美女はつらいの」の公演をしている。


つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、Yahoo!ニュースに帰属します。)

KARA - Step : ComeBack Stage 3/3


posted by D・D at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | KARA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【アプリ紹介】グンちゃんてんこ盛り! ついに出た「チャングンソ...

【アプリ紹介】グンちゃんてんこ盛り! ついに出た「チャングンソ...

韓流ドラマがブームになって久しいですが、ミーハーな私はもちろんテレビ放送やDVDでばっちりチェックしています!



いま一番アツい韓流スターといえばやはりチャン・グンソクさんでしょうか。
代表作のドラマ『美男ですね』が日本でリメイクされたことも記憶に新しいですよね。日本でも「グンちゃん」の愛称で親しまれています。



そんなグンちゃんファンには必携なのが「チャングンソク オフィシャルアプリLite」。ついに出た! という感じの公式無料アプリです。




さすが公式だけあって、豊富に高画質の写真を見ることができるのが魅力的。アプリ限定のショットもあったりします。




また、ファン同士で交流できる「cafe」では、毎日グンちゃんファン同士で交流や情報交換が活発に行われていますよ。
例えば10/24(月)には、東京ドームで行われる東日本大震災チャリティーゲーム「日韓ドリームゲーム」で国歌斉唱するグンちゃんへの応援メッセージがたくさん寄せられていました。



有料版(600円)もあり、そちらにはグンちゃん本人から寄せられるメッセージを見られるコーナーも。
コメントをつけることができるので、本人から返信が来る可能性もあるそうですよ!



チャングンソク オフィシャルアプリ Lite



つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、Woman Exciteに帰属します。)

チャングンソクにとどきますように/JANG KEUN SUK 장근석


posted by D・D at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | チャン・グンソク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KARAカン・ジヨンが日本の青春ドラマへの有力候補に!お相手は超新...

KARAカン・ジヨンが日本の青春ドラマへの有力候補に!お相手は超新...

ガールズグループKARA(カラ)のメンバーカン・ジヨンが日本のドラマ「レインボーローズ(仮名)」のヒロインにキャスティングされる見通しだ。

【PR】アイピュア トリプルエッセンスマスクシート(5枚入り)【キャビアエキスとカタツムリ分泌液エキスをたっぷり配合!】

最近、複数の放送関係者が、カン・ジヨンが来年4月からの放送を予定している青春メロドラマ「レインボーローズ」のヒロインに決まりそうだと伝えているためだ。

しかし、KARAの所属事務所の関係者の立場は慎重だ。31日、「<レインボーローズ>への出演に関して、口頭ではある程度話がついている状態だが、決まったわけではない」とし「現在、とても前向きに検討中。確定というよりも有力という見方があっているようだ」と伝えた。また、「まだ制作陣と調整しなけらばならない点があるため、具体的な立場を明らかにするのは難しい段階」とした。

カン・ジヨンの出演が決まれば、同作で超新星のパク・ゴニルと共演することになる。同ドラマは、SBSドラマ「私に嘘をついてみて」のキム・スリョンプロデューサーが演出を担当し、テレビ東京で放送される予定とのことだ。しかし韓国の放送局ではどこでいつ頃に放送されるのかはまだ編成が確定していない。

ある芸能関係者は「KARAは既に日本で確たる知名度がある」とした上で、「優れた日本語能力で現地でも多彩な番組活動を無理なく行っている」と伝え、「もしもの場合に備えて通訳もいるが、すでに自主的に意思疎通が可能な状態であり、今後も彼女たちは日本での活動の領域を広げていくのではないか」と予測している。

カン・ジヨンは今までKARAのメンバーの一員として日本での活動で得た人気が評価され、同ドラマの出演オファーを受けたとされている。ちなみにKARAのリーダーパク・ギュリは現在日本でミュージカル「美女はつらい」のヒロインとして熱演中で超新星のソンジェと共演している。


つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、K-PLAZA.comに帰属します。)

KARA - STEP (SHINee ver.)


posted by D・D at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | KARA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャン・グンソクが度の過ぎた追っかけファンに警告のメッセージ...

チャン・グンソクが度の過ぎた追っかけファンに警告のメッセージ...

先月30日、チャン・グンソクはツイッターに「私生活まで追いかけてくるファンの娘たち、俺を付け回して一挙手一投足全て知っているなんていう嘘をつきながらしきりに騒いでいるだろう。しかし、憶えておけ、その分お前たちは俺から遠くなっている。笑える時に笑っておけ^^俺は怒ったら怖い男だ〜」という警告のメッセージをつぶやいた。

続いて「お前たちの顔はよーく覚えている」、「追っかけファンは顔を覚えているという言うと、めっちゃ嬉しがっているかもしれない。言っておくが、笑える時に笑っておけ〜お前たちこれからはoutだ!」とつぶやいた。チャン・グンソクは私生活まで侵害し、しつこく追いかけてくるファンに頭を痛めているという。

チャン・グンソクは海外の「追っかけファン」についてもコメントした。「面白いのは、タクシーが10台ほどついて来るから車から降りて日本語で<ついて来るな!俺は怒ると怖いぞ>っと言ったら、話が通じない。後から分かったことけど、別の国の人たちだった」とその時のことを回想した。


チャン・グンソクは「追いかけてくること自体が不愉快ではないが、<程度>というものがなければならない」、「日本と日本人はとっても好き^^私生活まで追っかけてこられること自体が嫌いなだけ〜また、中国と中国人も好きだよ。私生活まで追っかけてくるファンが嫌いなだけ〜。俺がもうついて来ないで〜って言ったらそこでやめてくれたらいいんだ。<程度>というものがあるだろう〜」と、度の過ぎたファンの情熱が、チャン・グンソクを苦しめていると伝えた。


つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、K-PLAZA.comに帰属します。)

チャン・グンソクの新作映画「赤ちゃんと僕」ポスター撮影現場


posted by D・D at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | チャン・グンソク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。