スポンサードリンク

2011年11月05日

チャン・グンソク、主演映画『君はペット』が上映禁止?

チャン・グンソク、主演映画『君はペット』が上映禁止?

チャン・グンソク、主演映画『君はペット』が上映禁止?

韓国の男性団体「男性連帯」ががキム・ハヌルとチャン・グンソク主演映画『君はペット』に上映禁止仮処分申請したと分かった。

男性連帯は2日『君はペット』の男性の人権が冒とくされているとして上映禁止仮処分申請をソウル中央地裁に提出したと発表した。

男性連帯はホームページを通じて、「『君はペット』という映画は、女性が‘ご主人様’として男性が‘犬’として、主人と飼い犬の関係をそのまま描写し、結局愛情関係を作っていくという‘自称ロマンス映画’。女性に聞きたい。もしペットの役が女性だったら、女性が犬のように男性が主人に服従し、愛きょうを振りまく映画だったとしたら、それでもこの映画がロマンスとメロが充満した映画なのだろうか」と上映禁止仮処分申請の理由を明らかにした。

引き続き男性連帯は、「女性は‘ご主人様’、男性は‘犬’、笑おうと作っているものに目の色を変えているとおっしゃる方もいるかもしれないが、おもしろさのために誰かの人格が冒涜されてはいけない」と主張した。

映画『君はペット』は絶対権力御主人様キム・ハヌルと正体不明のペット チャン・グンソクが広げる恋愛を作品で、ロマンチック コメディの女王キム・ハヌルと新韓流スターチャン・グンソクが‘御主人様’と‘ペット’という独特の設定を通じて制作前から注目を集めていた。

つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、eul.jpに帰属します。)

チャン・グンソク主演!映画『きみはペット』予告編映像


posted by D・D at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | チャン・グンソク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイメイク戦線に異変あり?!AKB板野&KARAスンヨンに倣う

アイメイク戦線に異変あり?!AKB板野&KARAスンヨンに倣う

“涙袋メイク”が話題
いまやアイメイクに時間をかける女子が多いのは周知のこと、メイクの中でも最も念入りに…という人は多いだろう。そんな大きな比重を占めるポイントのアイメイクのトレンドに異変が起きているようだ。

これまで、しっかりアイメイクといえば、つけまつげにラインが常識だったが、今はそんなしっかりアイ女子たちが“涙袋メイク”に力を入れ始めているというのである。1日発売の「Popteen」でも、このメイクが話題となっている。


お手本はAKB48の板野&KARAのスンヨン☆
“涙袋メイク”では、その名の通り目の下にある「涙袋」をぷっくりと見せるもの。このメイクブームの火付け役となっているのは、AKB48の板野有美やKARAのスンヨンだという。

メイクのコツとしては、上のシャドウ並みにグラデーションをつけること、陰で立体感を出すこと、ラメアイテムを活用することなどがあげられるとか。たとえば、目頭から目尻にかけて茶色ベースのグラデーションを作る。このとき、目頭部分に明るいカラーをのせると、涙袋が強調され、目尻の濃いラインカラーがそれをさらに際立たせる。


つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、エキサイトに帰属します。)

KARA GOGOサマー! GOGO SUMMER! dance cover by Coen Sisters


posted by D・D at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | KARA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。