スポンサードリンク

2011年11月07日

KARA,、パク・ギュリ、ミュージカル´美女はつらいの´日本公演無事...

KARA,、パク・ギュリ、ミュージカル´美女はつらいの´日本公演無事...



【7日=KEJオンラインニュースチーム】KARAのパク・ギュリが日本公演を成功に終了させた。

パク・ギュリは6日終演をミュージカル´美女はつらいの´日本公演の最終公演にてまたしても完売を記録し10月初番から大阪へ行き10回の公演を大成功のうち終演させた。この公演も立て続き大成功のうちに幕を閉じたのだ。3週間の再充電期間,十分に休んだあと、日本公演成功に飛ぶ鳥も落とす勢いで次は12月6日から韓国ソウル忠武(チュンム)アートホール大劇場で公演が行われると発表された。

パク・ギュリは初ミュージカル挑戦を今回の´美女はつらいの´日本公演にて開幕。初終前回完売からスタート。6日最終公演完売まで平均客席占有率は90%以上の観客を動員しながら韓国ミュージカル、日本進出の大成功の事例をつくりだした。

´美女はつらいの´の人気は日本観客たちの態度の変化からにも感じることができる。1公演のカーテンコールがアンコール事例をとおし3~4公演まであり毎公演、規律をし拍手がおこっていたのだ。これは熱狂的なアンコールと規律をすることに消極的な日本人の傾向からすると今までにない事例である。

´美女はつらいの´のパク・ギュリとソンジェ(超新星)等、韓流スターのほかオ・マンソク、イ・ジョンヒョク、キム・テギュン等豪華な出演陣に公演開始前からおおきい注目を集めた。ミュージカル<美女はつらいの>は同名の映画を元に作られた舞台で2008年初公演時から観客の好評を得て再び公演となった。
つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、livedoor ニュースに帰属します。)

[ Vietsub + Kara ] SNSD - OSCAR




posted by D・D at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | KARA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【記事】ワンダーガールズ「少女時代は良い刺激&ありがたい同僚...

【記事】ワンダーガールズ「少女時代は良い刺激&ありがたい同僚...



韓国ガールズグループのワンダーガールズが、少女時代は良い刺激になるライバルであり、K-POPを共に引っ張っていく同僚だと明らかにした。

ワンダーガールズは7日、2ndアルバム『Wonder world』をリリースし、11日にKBS第2の歌番組『ミュージックバンク』でカムバックし、本格的に活動開始する。『The boys』でカムバックし活躍中の少女時代と活動時期が重なる。特に少女時代とワンダーガールズはデビュー時期が近く、互いにライバル視している。K-POP市場のトップを競い合っているという点で、常に比較の対象となってきた。

ワンダーガールズは「少女時代はとてもかわいい同僚だ。一人一人キレイで、ステージ上では格好良く、バラエティーでのトークは面白い。私たちには面白く話したり、バラエティーに優れたメンバーがいないので羨ましい」と話した。また「私たちと違った特色を持つ彼女らを見て、動機になった。歌謡界で一緒に4、5年たったが、活動時期が重なるのは今回が初めて。一緒に活動開始するので、さらに期待している」と話した。

ワンダーガールズは「K-POPが急上昇している時点で、ガールズグループが人を感動させている。競争相手ではなく、一緒に活動していく同志。私たちが満たすことのできない別の特色で大衆を楽しませているという点で、同じ場で活動している仲間としてありがたい。年末に良いステージを作り上げ、祝祭として締めくくれたら嬉しい」と語った。

つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、KN TVに帰属します。)

Girls` Generation(소녀시대) _ Gee _ MusicVideo





posted by D・D at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<インタビュー>チャン・グンソク「目標はワールドスター」

<インタビュー>チャン・グンソク「目標はワールドスター」



俳優チャン・グンソクの夢は大きい。俳優としてのキャリアは19年。数年前から「韓流スター」という修飾語が付くのは当たり前になった彼にとって、もはやアジアは狭く感じるようだ。

ソウルでインタビューに応じたチャン・グンソクは「ハリウッド映画は世界に輸出されるので、小さいころから出演俳優を好きになったりしますよね?僕もそういう俳優になりたいんです。ハリウッドの俳優だけが好かれるのは嫉妬(しっと)も感じますし、韓国もおもしろい映画はたくさんありますから」

チャン・グンソクは先月開催された釜山国際映画祭でハリウッド俳優のローガン・ラーマンと対談、少しも気後れせずに会話をリードし、目を引いた。そのような自信はどこから来るものなのか。

「自信というよりはショーマンシップではないかと思います。常に大衆が望んでいることが何なのかについて考えます。僕の真剣な姿なのか、おもしろいダンスなのか、その時その時の大衆の望むことを見せようと努力するだけです」

「楽しみながら生きるが他人に被害を与えない」というのが彼の信条。最近は何か行動を起こすとやたら大きく報じられ、本質よりもほかのことがイシューとなることが多く、やや慎重になるという。とはいえ、私生活や仕事で楽しむべきことは楽しまなければならないという考えは変わらないそうだ。

チャン・グンソクは1992年に子役デビュー。24歳だがすでに「中堅俳優」だ。テレビドラマはもちろん、映画も最新出演作「きみはペット」を含め7本の作品に出演した。

子役出身の俳優は、子役時代のイメージから脱することができず俳優として定着できない場合が多いが、チャン・グンソクは成功例と評価されている。

本人は「さまざまな作品に出演したことが良い影響を与えたようだ」と話す。うまく演じることができる役ばかりが多かったわけでもなく、結果的に成果が出なかったこともあったが、後悔したり挫折を経験しながら得意なことを探し求めたという。

つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、ブロコリに帰属します。)

チャン・グンソク CM ローソン Lawson 장근석




posted by D・D at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チャン・グンソク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KARAク・ハラ、『ハイカット』で21インチのウエストラインを公開

KARAク・ハラ、『ハイカット』で21インチのウエストラインを公開



KARAのク・ハラが21インチの細いウエストラインと、ニットからのぞく鎖骨ラインを披露した。

 ク・ハラは3日に韓国で発刊されたファッション紙『ハイカット』のグラビアを通じ、折れそうに弱々しいシルエットを公開した。人形のような純粋な顔の下にすべるようにくびれたウエストラインを見せ、夢幻的な女性の香りを漂わせた。流れるように一方の肩にきわどくかけられたニットセーターの間から見える鎖骨のラインは男性の心を揺さぶるのに充分だ。

 今回の撮影はNYブランドのトリーバーチの衣装で行われたが、ク・ハラはワンピースからスカート、デニムパンツなど様々なスタイルで彼女独特の優しい眼差しと女性らしい体のラインで衣装を着こなしていた。ミニシルエットの服からのぞく足のラインが光るカットには、手でつかむことが出来そうなほど細い足首に男性スタッフだけではなく、女性スタッフまでが感嘆の声を漏らしたとか。

 『STEP』で韓国国内における各種オンライン音源サイトで1位を席巻したKARAは、日本と台湾の大手着うたサイトでも週間チャートで1位を記録し、K-POPスターとしての人気を誇っている。

つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、@niftyニュースに帰属します。)

baby KARA "Mister"




posted by D・D at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | KARA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【記事】少女時代のサニー、『スターキング』で危うくすっぴんを...

【記事】少女時代のサニー、『スターキング』で危うくすっぴんを...



これまで、指メイク、セルフスタイリングなどのビューティアイテムで多くの話題を生み出してきたSBS『驚きの大会:スターキング』で、今度は、専門家顔負けの一般人の出演者のセルフメイクが公開され話題になっている。

その主人公は、平凡な大学生パク・スヘさんと会社員キム・ボベさん。

収録現場で、男じゃないのかと疑われるほど衝撃的なすっぴんを躊躇することなく露呈させた2人。しかし、彼女たちは、セルフメイクを通じて、180度違った清純さとセクシーさを備えた女神の姿で登場、スタジオを驚愕させた。

それだけでなく、本当にさっきのすっぴんの人物かを確認するために、現場で顔の半分のメイクを落とす大胆さまで見せ、周りを驚かせた。ここで、少女時代のサニーはすっぴんに自信(?)たっぷりだったが、ジェシカとティファニーが留め、幸いすっぴんを公開せずに済んだ。

誰でも真似できる一般人のセルフメイクは、5日午後6時30分、SBS『驚きの大会:スターキング』で公開される

つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、KN TVに帰属します。)

少女時代/ MR.TAXI (DANCE VER.)





posted by D・D at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャン・グンソク「目標はワールドスター」

チャン・グンソク「目標はワールドスター」



韓国俳優チャン・グンソクの夢は大きい。俳優としてのキャリアは19年。数年前から「韓流スター」という修飾語が付くのは当たり前になった彼にとって、もはやアジアは狭く感じるようだ。

 ソウルでインタビューに応じたチャン・グンソクは「ハリウッド映画は世界に輸出されるので、小さいころから出演俳優を好きになったりしますよね? 僕もそういう俳優になりたいんです。ハリウッドの俳優だけが好かれるのは嫉妬(しっと)も感じますし、韓国もおもしろい映画はたくさんありますから」
 
 チャン・グンソクは先月開催された釜山国際映画祭でハリウッド俳優のローガン・ラーマンと対談、少しも気後れせずに会話をリードし、目を引いた。そのような自信はどこから来るものなのか。「自信というよりはショーマンシップではないかと思います。常に大衆が望んでいることが何なのかについて考えます。僕の真剣な姿なのか、おもしろいダンスなのか、その時その時の大衆の望むことを見せようと努力するだけです」
 
 「楽しみながら生きるが他人に被害を与えない」というのが彼の信条。最近は何か行動を起こすとやたら大きく報じられ、本質よりもほかのことがイシューとなることが多く、やや慎重になるという。とはいえ、私生活や仕事で楽しむべきことは楽しまなければならないという考えは変わらないそうだ。
拡大写真
チャン・グンソク=(聯合ニュース)


 
 チャン・グンソクは1992年に子役デビュー。24歳だがすでに「中堅俳優」だ。テレビドラマはもちろん、映画も最新出演作「きみはペット」を含め7本の作品に出演した。子役出身の俳優は、子役時代のイメージから脱することができず俳優として定着できない場合が多いが、チャン・グンソクは成功例と評価されている。本人は「さまざまな作品に出演したことが良い影響を与えたようだ」と話す。うまく演じることができる役ばかりが多かったわけでもなく、結果的に成果が出なかったこともあったが、後悔したり挫折を経験しながら得意なことを探し求めたという。

 出演作品はやっていみたいと思う作品を選ぶ。作品の規模、公開・配給に関する部分は二の次で、ストーリーや役柄、監督、共演者などすべての部分が「自分と相性が合っているか」が作品を選ぶときの基準になる。
 
 韓国で10日に公開される映画「きみはペット」では、年上の女性から愛されるインホを演じた。力を抜いた演技をしたいという思いから選んだ作品だ。インホを演じたことについては「どのキャラクターよりも力を抜いて演じることができ良かったです。これまで演じてきたキャラクターは内面に傷や悲しみを抱えていたので、『目の力を抜いた方がいい』と言われることもありました。一方、インホは泣くこともなければ顔をしかめることもない。そんな性格が気に入りました」と満足感を示した。
 
 チャン・グンソクはアジアを舞台に活躍するスターだけに、最近最も多忙な俳優と言っても過言ではない。「冬のソナタ」を演出したユン・ソクホ氏の新作ドラマ「愛の雨」(仮題、2012年放送予定)への主演が決まっているが、韓国と日本を行き来するスケジュールのせいで撮影の日程を調整するのも難しいほどの忙しさだ。
 
 日本での人気をどれだけ実感しているのかを尋ねると「音楽チャートで1位を獲得しましたが、あまり実感がわきません。ある瞬間、突然1位になったような気がしてプレッシャーにもなります」と答えた。先に日本で活躍した先輩らが道を作ったおかげでもあると語るチャン・グンソクは、「リュ・シウォン先輩にアドバイスを求めることが多いですが、自分なりの方法で努力しようと思います。戦略は『正直なこと』ですかね。ありのままを見せることが長所といえるのではないでしょうか」

つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、Wow! Koreaに帰属します。)

チャングンソク☆パクシネ Best Couple




posted by D・D at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | チャン・グンソク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。